2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

2019年8月17日 (土)

塩見岳へ

南アルプス
塩見岳へ

南アルプスは遠くて奥深い山
でも一度は登って見たい山⛰

猛暑日が続く中、塩見岳に行って来ました。

車はここまで
鳥倉登山口まで、林道を30分位歩きます。
昼前なので、猛烈な暑さです💦💦

Img_8265
鳥倉登山口1780m
少し登った木陰で昼を食べました。
Img_8320
三伏峠2585mまで約800m登ります。
樹林帯、風もなく暑いです。
Img_8267
展望もなく、ひたすら登ります。
とにかく暑い、汗が噴き出ます💦
Img_8269  
三伏峠到着2585m
登山口より約3時間
Img_8270
三伏峠小屋、
この日はここに泊まりました。
Img_8271
日本で一番、標高の高い峠のようです。
Img_8272
夕食メニュー
味噌汁の代わりに、蕎麦が付きました。
Img_8273
夕食PM4:30 消灯7時
朝食AM4:30~早いです。
2585mの朝は少し寒かったです。

朝食を食べ、5時半出発
塩見岳3047m、三伏小屋から高低差500mもないのですが、とにかく遠い~!!
Img_8318
小屋のすぐそばのテン場
Img_8275
早朝は清々しく、気持ち良いいです。
中央アルプスが見えます。
Img_8276
振り返って、三伏峠小屋
Img_8277
中央奥に、薄く北アルプス
山々の景色が美しいです。
Img_8279
一つ目のピーク
三伏山2615m
Img_8281
太陽が眩しい
手前尾根を左から右へ・・塩見岳への登りです。
朝日を浴びながら登ります。
Img_8283
二つ目のピーク 本谷山2658m
Img_8284
美しい~!!
Img_8285
木々の間から塩見岳が見えて来ました。
遠いな~!!
Img_8287
方言の道標
塩見小屋はもうじきかな??いいえあと40分??って書いてるのでしょうか。
Img_8288
南アルプスの山々
右から間ノ岳、重なって左後ろに、北岳
中央奥に、甲斐駒ヶ岳 左に仙丈ケ岳
素晴らしい展望、絶景です(^O^)/
Img_8289 
塩見小屋到着2755m
中央が塩見岳
Img_8292
小屋から、塩見岳への道
約300mの登り
Img_8294
岩が多くなって来ます。
 Img_8297
ヒャー!!
見てる分には良い景色ですが、手強そう!!
右の斜面をトラバースして行きます。
Img_8299
天狗岩から見る、間ノ岳、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳
Img_8302
振り返って・・
少し危険な所ありでした。
Img_8303
もう少しで頂上です。
Img_8304
双耳峰
西峰登頂(3047m)
標柱すぐ左後ろに、雲に覆われた🗻富士山
360度の大展望です。
Img_8306
西峰から東峰
Img_8307
東峰
Img_8314
東峰から西峰
Img_8315
荒川三山方面
Img_8316
登って来た道、尾根道
小さく赤い屋根の塩見小屋が見えます。(中央低い山)
Img_8317

頂上を後にして、ピストンで戻りました。
塩見岳、ハードな山でしたが、展望良く、頂上からは
いくつもの100名山が見れて素晴らしい山でした。

***************************************
下山時、鳥倉登山口より、林道を歩いていたら、
まさかのサプライズ(@_@)
田中陽希さんが、これから塩見岳に登られるのにバッタリ!!
こんな偶然があるんですね。
バッチリ正面からも撮りましたが、それは控えますが、
通り過ぎてからの一枚、田中陽希さんの後ろ姿を撮ったつもりでしたが、
これ似ていますが誰なんだろう??
この人歩いていなかったような・・
今も??です。
Img_8322

2019年8月 7日 (水)

白山(観光新道下山)

室堂を後にして観光新道で下山します。

Img_8228
広い弥陀ヶ原
Img_8229
黒ボコ岩分岐を観光新道、右へ行きます。
Img_8143_20190804200801
斜面をトラバ-スして行きます。
Img_8231
ガスが沸いて来ています。
Img_8232 Img_8233
一面のニッコウキスゲ
ここの尾根は花畑です。
Img_8234 Img_8235
カンカン照りより、ガスがあった方が、涼しくて良いです。
Img_8236
ハクサンフウロ
Img_8237 Img_8238
ニッコウキスゲとイブキトラノオとハクサンフウロ
 Img_8239

Img_8240  
ガスの中に殿ケ池避難小屋が見えて来ました。

Img_8250
ピンクのシモツケそソウ
Img_8249

Img_8253
アザミが咲くと秋を感じますね!
Img_8254
ユリも咲いていました。
Img_8256
観光新道の半分は激下りでした。
こちらからの登りは、よりキツイかもです。
Img_8260
樹林帯に入ると、風もなく蒸し風呂状態でした。
あと1km頑張れ~!
Img_8261
水の流れは、涼しく感じます!
Img_8262
別当出合登山口到着
Img_8263
花の100名山の名に相応しい白山でした。

2019年8月 5日 (月)

白山(登頂&池巡り)

二日目、朝食前に御前峰に登りました。
その後、池巡りです。

4時スタート、まだ真っ暗でした。
御前峰頂上にて、日の出を待ちます。

Img_8181 Img_8182
剣ヶ峰に大汝山
Img_8184
白山奥宮に別山
Img_8187
出て来ました(^O^)/
Img_8190
宮司さんも、登って来てられ、日の出と同時に万歳\(^o^)/
Img_8191
朝日に染まる、御前峰標柱
Img_8195
室堂センタ-と左、別山
良い眺めでしたよ~!!

Img_8193
頂上を後にして、池巡り
ガレ場を下ります。

Img_8198
途中、中央に影白山が薄く~見えてます。
影ではなくまるで山が・・それも富士山のようです(@_@)

Img_8202
油ケ池
Img_8203
振り返って、御前峰
雲一つない青空(*^_^*)
Img_8204
油ケ池より少し雪渓歩きです。左へ行きます。
Img_8206
中央の窪んだ所から歩いて来ました。
Img_8207 
血の池??だったかな。いくつもの池があります。
Img_8209 Img_8213
チングルマ
Img_8215
手前
アオノツガザクラ
Img_8211
ハクサン石楠花
Img_8219
ハクサンコザクラにコバイケソウ
花が生き生きと咲いています。
Img_8222
千蛇ケ池は、残雪で埋まってました。
Img_8212
奥の山は別山

Img_8224
室堂センターが見えて来ました。
センタ-周辺は広く、花畑です。
コバイケソウも生き生きとしています。
Img_8225

室堂センターに戻って来ました。
朝食を食べ下山します。
Img_8226

2019年8月 4日 (日)

白山へ(室堂まで)

日本三霊山の一つ加賀白山へ(2702m)

白山と言う名の山はなく、最高峰の御前峰、大汝峰、剣ヶ峰の三峰です。

花の百名山でもあります。

天気が心配の中、晴れを願って登ります!

別当出合登山口
Img_8109
吊り橋を渡って、砂防新道に行きます。
この吊り橋、足はふらふら、頭がくらくらしました(>_<)
Img_8264
この山は、水が豊富な山です。
Img_8111
一番最初に見かけた花、なんだろう??

Img_8112 Img_8113
山の上から滝が流れています。
Img_8115
風もなく蒸し暑く汗ダくです💦
Img_8117
観光新道の尾根が見えて来ました。
Img_8118
甚之助避難小屋
Img_8121
雨がポツリポツリ、雨具来ましたが直ぐ止み脱ぐことに。

Img_8125
花の100名山
次から次へ花が咲いています。
オタカラコウ?キオン?
Img_8126
ヨツバシオガマ
Img_8127
冷たい水に、顔を洗います。

Img_8131
へつり道
Img_8133
一面のコバイケソウ
Img_8134 Img_8135 Img_8137
キンポウケ?シナノキンバイソウ?
Img_8138
ガスってましたが,青空に(^_-)-☆
Img_8140 
ダイモンジソウ
Img_8141
黒ぼこ岩
観光新道との合流点
Img_8143
もうすぐ室堂です。
Img_8145
木道歩きの楽園・・こんんな所があるんですね。
弥陀ヶ原

Img_8146
白山登拝道
簡単には来れないですよね。

Img_8147

今年はコバイケソウの当たり年

Img_8149

Img_8151
弥陀ヶ原を歩いて、五葉坂
室堂センタ-までの最後の登りです。
あと30分なのですが、ここからが一番辛かったです。
 Img_8152_20190731203201
振り返って歩いて来た道

Img_8153
登るにつれて2本の道になっていました。
Img_8154 
室堂センター到着
大きな山小屋です。山のホテルのようです。
Img_8155
白山神社
Img_8156
頂上への道です。
Img_8160
室堂センターでは、花のガイドさんによる説明を聞きながら
花畑を散策しました!
黒ユリ
Img_8159
黒ユリの群生
こんなに多くのクロユリは初めてです。
Img_8164
コバイケソウ
Img_8167
キンポウケ
Img_8169
ミヤマゼンコウ
Img_8170
ミヤマボウフウ
Img_8171
ハクサンコザクラ(白山)
Img_8168
夕食を食べてから室堂を散策
室堂センタ-より別山
いい眺めです~!
Img_8173
室堂センタ-と御前峰
Img_8177
青空広がって、ほぼ無風です。
Img_8176
沈む夕日
Img_8179
雲が、動物のように浮き出て来ています。
Img_8180

おやすみなさい!!
明日も晴れますように☀

2019年7月25日 (木)

倉手山

倉手山952m

山形県小国町にある、飯豊連峰展望の山で知られています。
もう少し早く、残雪の時期に登ると、すっきりと雄大な飯豊連峰が間近に見れる
素晴らしい山⛰です~!

梅花皮(かいらぎ)山荘近く
倉手山登山口

いきなりの急登から始まりました(*_*;
暫く樹林帯です。

Img_8098 Img_8084
この時期は、花もなくむし暑く、ただひたすら登ります(;^_^A
Img_8085
これから登る稜線が見えて来ました。
左から右の山へ行きます。
頂上はまだその先です。
Img_8086
振り返って・
駐車場までの道が見えます。
Img_8087
尾根道
Img_8088 Img_8089
振り返って・・
Img_8095
これなんだろう??
Img_8090
頂上が見えて来たかな?
Img_8091
倉手山頂上

Img_8094
飯豊連峰ド~ンのはず!!
でも見えたらすごい近くで迫力ありそう。
梅雨の時期は仕方ないですね~!!
Img_8092 Img_8093
ピストンで下山して近くの、温身平(ぬくみだいら)へ
ブナの原生林の散策です。
Img_8097
けもの道?
Img_8107
春先の新緑眩しい時期が良さそうです。
Img_8106
温身の池
Img_8103 
温見平・・終点
ここから、飯豊石ころび沢への登山口になります。
Img_8102
ホトトギス
Img_8100
ギンリョウソウ
Img_8105

梅雨明けしました~!
夏山シーズン到来です。

2019年7月16日 (火)

岩手山(焼走りコース)

岩手山、馬返しコースからの続き・・

岩手山頂上から、焼走りコースで下山します。
ここは、今の時期、ハイライトコースとなります。

Img_8006
山頂より少し降りた所に、焼走りへの分岐があります。
Img_8013
降りていくと、平笠不動避難小屋が見えました。
Img_8014
平笠不動
荒々しい岩がのっかってますね。
Img_8016
平笠不動避難小屋
ここで昼を食べました。
Img_8017
避難小屋から見える岩手山
Img_8015
カラマツソウ咲く登山道

Img_8018
大きな花びらのシラネアオイ
Img_8019 Img_8020 Img_8021
ツルハシ
Img_8022
ツルハシを過ぎると・・

日本一?と言われている。高山植物の女王

コマクサが斜面一面に、これは凄いです。
登山道中間位、標高もそんなにない場所に咲くのは珍しいようです。
それも一面に。
植生ではなく自生です。
Img_8029
コマクサロード300m位?
Img_8033
花壇に植えたかのように、間隔よく咲いています。
Img_8036 Img_8030
大株です。
パセリのような、細かい葉っぱです。
Img_8034 Img_8031 Img_8024 Img_8026
さっきまでいた岩手山
頂上部、ガスがかかっています。
Img_8037
下山口が見えて来ました。
中央少し左手の白い部分まで行きます。
その右の黒くなっている場所は、火山の爪跡??

Img_8038
歩きにくかった登山道も、ブナ林の歩き安い道になりました。
Img_8040
下山道の右手に並行して、デコボコ溶岩の流出が川のようになっていました。
どこまで流れてるんだろう・・
遠くに見えるは、姫神山です。

Img_8041
焼走り登山口到着!!
Img_8043
馬返しコースでの登りと焼走りコースへ下山でした~!!
どちらのコースも花を見ながら楽しく歩いて来ました(*^^)v

2019年7月13日 (土)

岩手山(馬返しコース)

岩手県最高峰・岩手山(2036m)

荒々しい火山地形のなかにお花畑と日本一のコマクサ?群落の山
さてどんな山なのでしょう??


岩手山 馬返し登山口
少し霧が立ち込めています。
雨の心配はありません!
AM5::00スタートです。

Img_7945
新道,旧道分岐0.5合目
新道へ行きます。
Img_7947 Img_7949
一合目までが長かったです。
Img_7950
少し視界が開けましたが、また樹林帯となりました。
岩がゴロゴロです。
Img_7952
登山道は、次から次へ、色々な花が咲いて楽しめました。
ヤマオダマキ
Img_7954

ウスユキソウ
Img_7958
マルバシモツケ
Img_7959
やっと5合目
Img_7960
旧道の尾根が見えます。
登ってる人が見えたんですが、よくわかりませんね。
Img_7961
ミヤマハンショウヅル
Img_7965
ウコンウツギ
Img_7966
シラネアオイ
Img_7967
ベニバナイチゴ
Img_7968
雨に濡れると透ける、サンカヨウ
Img_7969
旧道と新道と合流して7合目
Img_7970
ハクサンチドリ
Img_8025
ミヤマキンバイ
Img_7972
ベニバナイチヤクソウ
Img_7973_20190712181901 
8合目避難小屋が見えて来ました。
Img_7974
立派な避難小屋です。
Img_7975
御成清水・・冷たく美味しかったです。
奥が外輪山の鬼ケ城
Img_7976
小屋から
雲上の早池峰山
Img_7979
岩手山頂上部
Img_7980
鬼ケ城荒々しい岩山です。
不動平避難小屋
Img_7982
頂上へ上ります。
右と左に登山道ありますが、左は砂礫が酷く右に行きました。
Img_7983
砂礫の登りにくい登山道です。ズルッと滑ります。
Img_7985
振り返って
8合目避難小屋
Img_7986
お鉢に出ました。
右奥が頂上です。
岩手山ってこんな山だったんですね。
風が強かったら歩けないかもと思いながらも、ほぼ無風。
Img_7988 Img_7989
お鉢を歩いて頂上へ行きます。
Img_7994
頂上までの道に、点々と石仏がありました。
Img_7992
頂上手前に咲いていた、イワウメ
Img_7995
鬼ケ城から延びる稜線
Img_7998
振り返って・・右の稜線が歩いて来た道です。
火口のお室
Img_8000

尖がっているのが妙高岳
Img_8001
頂上、岩手山(薬師岳2038m)
山頂は、大勢の登山者がいました。

Img_8011
花いっぱいの、馬返しコ-スでした♬

 

2019年7月 8日 (月)

ニッコウキスゲ咲く雄国沼湿原

ニッコウキスゲ咲く雄国沼へ

雄国沼は猫魔ケ岳の噴火によってできたカルデラ湖
湿原は、国の天然記念物に指定されています。
10数年ぶりの再訪です。

前は、レンゲツツジが山腹を赤く染まる6月の初めに数回。
今回はニッコウキスゲの大群落が黄色の絨毯に染まる湿原見に行って来ました。

雄子沢登山口より登ります。

Img_7894
緑爽やかな気持ちの良い登山道です。
ヒンヤリとしています。
Img_7896

Img_7897
沼と頂上への分岐が近づいて来ました。
Img_7898
登山口より約1時間
右は雄国山頂上へ、左は雄国沼
頂上へ行きます。
Img_7899
ウラジオヨウラクが咲いていました。
Img_7902
視界が開けて頂上が見えて来ました。
Img_7904
振り返って・・
雄国沼、遠くに黄色くなったニッコウキスゲの群生が見えます。
Img_7903 
分岐より1.2km
雄国山頂上到着
Img_7906
生憎の曇りです。
雄国休憩舎が見えてます。
Img_7914
頂上を後にして、雄国休憩舎へ
Img_7915
雄国休憩舎
Img_7916
小屋より湿原へ
Img_7917
左、湿原へ
右は金沢峠
 Img_7919
ニッコウキスゲが咲いています。
Img_7920
ワ~凄い!!凄い!!
一面のニッコウキスゲ
Img_7922
木道を歩いて散策します。
Img_7924
金沢峠からのハイカ-、多いです。
Img_7927
一輪、一日しか咲かないといニッコウキスゲ
まだ蕾があるので、しばらくは大丈夫そうです。
黄色い絨毯、いつまでも見ていたい景色です!!
Img_7929 Dscn0997
沼あり花あり山あり・
絵になる景色~!!
Dscn0995 Dscn1001

Img_7935 Img_7933
曇でしたが、雄国山、雄国沼のニッコウキスゲと楽しめました~!!

2019年7月 3日 (水)

紫陽花咲く弥彦山

梅雨入りして週末になると雨か☁

午後から雨予報、朝のうちに紫陽花見に行って来ようと
弥彦山に、出かけて来ました。
花は色々咲いていましたが、今回は紫陽花のみです。

登山口すぐに咲いていました。
エゾアジサイ

Img_7855
小屋手前にも、咲いてます。
Img_7856
とてもしっとりしている登山道です。
Img_7858
9合目手前
草木が生い茂ってもさもさしています。
Img_7861
9合目
Img_7862
頂上への階段
Img_7863
白い紫陽花・・・ここは紫陽花ロードになります。
これからが見頃ですね。
Img_7865 Img_7866
新潟平野
田んぼも緑濃くなっています。
Img_7867
多宝山、後ろは角田山
ここに来ると、多宝山まで行こうか迷います
Img_7869
弥彦神社奥宮
Img_7871
紫陽花ロードを戻ります。
Img_7872
ロープウエー駅
咲き始めたばかりの紫陽花
Img_7876
カラフルに咲いています。
Img_7877
多宝山への道も少し紫陽花ロードです。
Img_7890


Img_7879
バラのピンクと紫陽花の白が綺麗です。
Img_7888_20190703183301
多宝山への道は細く藪でした。
弥彦山の登山道とは全く違ってます。

Img_7882
弥彦山
テレビ塔が何本もあります。
Img_7885
独り占めの多宝山頂上
Img_7887
何とか雨降らず登って来ることが出来ました。
紫陽花、少し早めではありましたが、咲いていてよかった~!!

2019年6月30日 (日)

薬師岳(2 日目)

薬師岳2日目

日の出です~!
前日も翌日もほぼ無風
天気良さそうです!!

Img_7795
水晶岳、鷲羽岳方面
Img_7793
北ノ俣岳、黒部五郎岳方面
Img_7796
朝食を食べて出発します!
100m位下ります(>_<)
Img_7805
振り返ります。
何度見ても飽きません!
Img_7806
薬師キャンプ場が見えます。
建物はトイレです、
Img_7854
キャンプ場で軽アイゼン着けました。
Img_7807
少し道不明瞭です。
Img_7810
雪渓を見ながら、右側を歩きます。
Img_7815
岩に咲くハクサンイチゲ
Img_7816
薬師平
Img_7818
しばらく雪上を歩いて中央奥に行きます。
雲が覆ってきています。
Img_7821
この残雪の景色が美しい!!
Img_7824 Img_7825
雪がなくなりアイゼン外しました。
Img_7827
薬師岳山荘
7月~です。
Img_7828 Img_7829
まだ先は長いです!
避難小屋跡が小さく見えてます。
Img_7830
振り返って・・biutehuru!!
太郎平小屋が右手中央に小さく見えます。
Img_7831
中央左手、三俣蓮華岳 その左奥に、薄く笠ヶ岳が見えてます。
凄い~凄い~!!
Img_7832

避難小屋跡までもう少し
小屋跡は、折立から登って薬師岳が見えると、何かな??って
ずっと小さく見えてました。

Img_7833
これが避難小屋跡
風除けになるかな??
頂上が見えて来ました。まだあります!
Img_7836  

中央奥にちょこっと槍ヶ岳が見えます。
槍が見えると嬉しいです~!

Img_7803
振り返って・・
太郎平小屋と薬師岳山荘と二つの小屋が見える絶景Pです。
北ノ俣岳も雄大です!!
Img_7839

頂上までもう少しです。

Img_7840
到着!!
Img_7841
頂上 薬師堂

Img_7850
薬師岳山頂2926m
ヤッター!!
少し風があり寒いですが、大満足です!!
登山口の有峰湖が見えてます。

Img_7847    
奥の細い残雪のある尾根が折立から登って来た道です。
Img_7849  

景色を堪能して太郎平小屋に戻り、昼を食べ折立まで戻りました。
梅雨の晴れ間の2日間、北アルプスの大絶景に魅了された山行でした。

«薬師岳(1日目)