2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年7月 8日 (水)

平標山へ

花の百名山
平標山へ

梅雨の晴れ間を狙っていたのですが、
晴れ予報がなく、曇りでもいいかなと思って平日に行って来ました。
関東圏からも大勢登りに来るので、週末は大渋滞、混雑を避けました。
ガス率高い山なので展望なくても、花が観れれば良しです✌
(でも、展望あることが一番ですが・・)
花よりだんご。山より花の山行でした。

登山口
Img_9410
樹林帯を抜けて、松手山方面
Img_9411
鉄塔で休憩
ここで、下山してくる登山者さんがいました。
もう下山ですか?・・
7合目から強風で撤退して来ました(>_<)
そうなのか・どこまで行けるのだろうか?これから弱まるはずなんだけど・・
この時間でもう撤退、相当な強風だったのでしょう・・
まだ、風は強くないので、進みます!!
Img_9412
咲き始めたばかりの、シャクナゲ
Img_9413
松手山到着
風が弱くなるのを待っているのか、休んでいる人も。
Img_9414
ガスでなければ、平標山への稜線が見えるのに・・
Img_9416
7合目
遮るものがないので、かなり強風です。
飛ばされるほどではないので進みます(;^_^A
撤退してきた人たちが諦めた場所。
Img_9417
強風、本当に進んでいいのか・・なんとかなるでしょ・・
Img_9418
とにかく進みます。
強風で体を持っていかれることも。
帽子が飛びそうになるし、肌も痛い(>_<)タオルを巻いて、風よけにしました。
Img_9419
ここから・・
Img_9421
お花畑始り~
見たかった、ハクサンイチゲ、
間に合いました。
Img_9425
オノエラン
Img_9423
ハクサンチドリ
Img_9422
稜線に咲く、ハクサンイチゲ
展望が良い尾根道なんだけどな・・
Img_9428
平標山頂上
貸し切りです。
ガスで真っ白、何も見えません。
晴れていれば、仙の倉山への稜線が素晴らしいのです。
やはり、かなりの強風です!!

Img_9430
仙の倉山へは諦めて10分位歩いて、花畑に行ってみます。

Img_9441
こちらも、ハクサンイチゲ満開です。
Img_9435
イワカガミ
Img_9436
ハクサンイチゲに、ハクサンコザクラ
強風に揺れてます。
Img_9438

ミヤマキンバイ?
Img_9440
花畑を後にして、平標山頂上に戻り、
平元新道で下山します。
階段を下ります。
Img_9444
小屋への道は、ほぼ無風、違いますね。
木板無い所は、悪路でした。
Img_9446
宝石のような、ウラジロヨウラク
Img_9448
濡れて固まった、ワタスゲ
Img_9451
平標山乃家
小屋の中で,昼を食べ視界のない登山道を下山しました。
Img_9452
平元新道登山口
前はここまで、車で来れたのですが、
ここから長い林道を歩いて登山口まで歩きました。

Img_9453
久々の強風での登山でしたが、
平標山は、やはり良い山でした~!!

 

2020年7月 1日 (水)

里山巡り⑤

展望抜群の天狗の庭があると言う、

俎倉山(まないたぐらやま)
(新発田市)
里山ゆるり~と思って行ったのですが、あなどるなかれの里山でした(>_<)

登山口ここより30m位先です。

104976716_2663402577312646_5097398787075 105285438_2663402547312649_7364989538280
岩の斜面、足を滑らすと数十m下に滑落となります。
前はロープなかったそうです。
104462091_2663402477312656_6972558863446
2ケ所ロープあり
105304385_2663402453979325_1611447326272
崩壊しています。
104495656_2663402337312670_1527875249112
渡渉、大小6箇所
105052419_2663402503979320_8980382842470
そんなこんなで、何とか頂上に着きました。
104213833_2663402297312674_6581216839482
頂上より10分位先の、天狗の庭(北の峰)へ行ってみます。
登山道が見えますが、そこは通れません。
右の斜面をトラバースしますが、ここも滑落大です。
慎重に登ります。頂上に居る人が見えますね。
104434308_2663402253979345_1925783409710

 天狗の庭
104445558_2663402090646028_8566170247286

残雪の飯豊連峰が見えます。
104719347_2663402167312687_3438997540957
正面・・去年の秋に登った、蒜場山
104998938_2663401997312704_1075846636729
奥が二王子岳かな。
105671254_2663402040646033_1319077821992
天狗の庭より、俎倉山頂上
105291872_2663402227312681_5228879346030

ピストンで下山しましたが、下山の方がより怖かったです~。

 

 

2020年6月23日 (火)

一切経山・鎌沼コース

越県自粛解除後は、
福島の一切経山へ

タイミング良く登山規制も解除されたので、出かけて来ました。
火山地形の雰囲気や高山植物咲く、湿原地帯を散策しました。

浄土平登山口
青空、期待は高まります。
Img_9353
噴煙上がってます。
Img_9355
スマートなイワカガミ
Img_9356
避難小屋と鎌沼への分岐
右へ行きます。
Img_9360
ミネザクラ咲く登山道
Img_9361
鎌沼が見えます。
Img_9363
登っていく人が見えます。
(よくわかりませんね(>_<)
Img_9362
中央奥が頂上
石がジャリジャリして登りにくくなります。
Img_9366
東吾妻山と鎌沼
良い眺めですね~!
Img_9367
火山地帯のガレ場の登り
頂上はもうすぐです。
Img_9369
ケルンのような
空気大感謝塔
Img_9370

一切経山頂上1949m

浄土平が1575mだから標高差370mで、手軽に高山の景色が観れます。
 Img_9377
魔女の瞳(五色沼)
美魔女です~!!

Img_9371
西吾妻山方面
Img_9374
頂上を後にして鎌沼へ
半周ほど歩いて姥ケ原分岐まで行きます。

Img_9380
なんとなんとチングルマの花畑

Img_9384
 Img_9388 Img_9391
湿原の木道歩き
ここから登山口までが何気に長い(>_<)
Img_9393
噴煙を上げる浄土平

Img_9395
吾妻小富士

Img_9394
マイヅル草の群生
Img_9398
浄土平湿原
一面のワタスゲ

Img_9407
ワタスゲポンポンです~!!
Img_9406

Img_9408
天気に恵まれ、一切経山と湿原歩きを満喫して来ました。
念願の魔女の瞳も観れて、言うことなしの山行でした。
自粛後の、火山規制解除となって平日にもかかわらず
登山者さんが次から次へ・・皆さん考えることは一緒ですね。

2020年6月19日 (金)

二王子岳へ

飯豊連峰の展望台と知られている
二王子岳へ・1420m

この時期に登るのは初めてです。
晴れていれば、360度の展望、絶景が観れます。

二王子神社登山口より登ります。
樹林帯を歩き
一王子避難小屋
Img_9329
樹林帯は続きます。
暑い日は助かりますが、蒸し風呂状態??
時折、涼しい風も吹きますが・・

 Img_9330
展望が開けて来ました。
まだ、オオカメノキの花が咲いていました。
緑が綺麗です!!
Img_9336
ボコボコのアブラこぼし
Img_9337
まだ残雪がありました。
トラバースして行きます。
Img_9338
頂上手前にある赤い屋根の避難小屋が見えて来ました。
Img_9340
二王子神社奥之院
Img_9341
避難小屋と頂上部
顔に見えますね。
この景色見ると、疲れもどこかへ行ってしまいます。
Img_9344
二王子岳頂上・・青春の鐘
バックは飯豊連峰!!
Img_9345
ここから見る飯豊連峰は素晴らしい~(^^)/~~~
雲一つありません。
左から、朳差岳~鉾立~大石山~頼母木山~地神山~北俣岳~大日岳
Img_9348
歩いて来た稜線 ↓
Img_9349
二本木山と奥が大日岳
まだこんなに残雪があります。
冬には、4m~5m積もります。
Img_9350
登山道に咲いてた花
サンカヨウ
雨に濡れると、花びらが透けてガラスのようになります。
Img_9332
シラネアオイ
ブーケのようでした。

Img_9334  
二王子岳は、アプローチが長く難儀な山ですが、
この景色見たさに、登る人が多い人気の山です。

 

2020年6月15日 (月)

三国山へ

旧三国トンネルの三国峠から登る
三国山へ1636m

新潟側湯沢トンネル入口、すぐ左手に登山口があります。
ここは平標山への縦走路の入り口でもあります。

三国峠登山口

Img_9292
つづら折りの道
Img_9293
10分程で
三国権現御神水・・唯一の水場
Img_9294
水場には花わさびの花が咲いていました。
Img_9327
30分位つづら折りの道を登ると
三国峠
御坂三社神社・避難小屋も兼ねています。
Img_9296
ここから、三国山への登りとなります。
階段が多いです。
Img_9297
振り返って、御坂三社神社の鳥居が見えます。
Img_9298
お花畑
7月には一面のニッコウキスゲが咲きます。
Img_9300
階段
Img_9303
階段
Img_9305
天国への階段!!と言われています。
Img_9310 
苗場方面
苗場プリンスホテルが見えます。
右下、名物の斜め階段
Img_9309  
三国山頂上 1636m

Img_9311
平標山への縦走路を少し歩いてみます。
Img_9317
平標山小屋へは4km・・
Img_9318
振り返って
三国山
Img_9319
残雪の平標山が見えて来ました。
ガスの中です。
Img_9320 
この日、平標はガスの中、真っ白けでした~!
Img_9322
途中の、三角山、大源太山まで行きたかったのですが、諸事情により
撤退しました。
☆大源太山は、マッターホルンと言われる大源太とここの2座あります。
中々良い縦走路、機会があれば平標山へ縦走してみたいです!

2020年6月12日 (金)

里山巡り④

日光でも草津でもない、
白根山(918m)三条市

知る人ぞ知る名山

ここの登山口の前は何度も通ったことあるのだけど、情報もなく
藪道になっているのではないのか??足が向かなかった山でした。

最近、登った方の情報があり、道は管理されているというので
登って来ました。

緑濃い登山道
急登が続きました!
Img_9279
樹林帯を抜け、熊狩りの眺め場
眺め場というだけあって、視界が開け、雄大な景色が目に入って来ました。

見えるは、頂上かと思いきや、前白根山

Img_9273
粟が岳を左手に見ながら登っています。
Img_9274
東洋一の雪庇と言われる、守門岳

 Img_9276
守門岳に、手前、烏帽子岳
Img_9277
一輪のヒメサユリ
この辺は,ヒメサユリ咲く山が多いです。
Img_9278 
遠くに薄く、西蒲三山

 Img_9282
頂上が見えて来ました。
頂上手前も急登
Img_9283
白根山頂上 918m
Img_9284
歩いて来た稜線
いい眺めです。

Img_9288
左、粟が岳に一本岳
Img_9285
川内山塊の山々 矢筈岳、青里岳など。
Img_9286  

藪山なのかと思ってましたが、展望よく、越後の名峰、守門岳、粟が岳など
オールスターが見える、良い山でした!!
稜線歩き以外は、急登の連続、少し手強かったかな(>_<)

2020年6月10日 (水)

笹ヶ峰高原へ

苗名滝を見に行く前に、
去年の夏に歩いた、夢見平遊歩道へ

散策コースを周回しました。
遊歩道入口

Img_9204
乙見湖に鏡のように写る残雪の山
右から、焼山、金山、天狗原山
美しいですね~!!
Img_9206
遊歩道両サイドは、二輪草が見頃でした。
Img_9216
シラネアオイと二輪草
Img_9215 Img_9211
カタクリがまだ咲いていました。
Img_9218
遊歩道で一番遠い所にある避難小屋
Img_9223
遊歩道から外れて、地蔵桂を観に行きました。
巨木の桂の木です。
Img_9226 Img_9230
木の周りは、二輪草が群生してました。
Img_9232
清楚で、可愛い花ですね。
Img_9213
サンカヨウ
Img_9212
ツバメオモト
Img_9220
白樺林
Img_9239
遊歩道の名前になっている【夢見平】
Img_9241
一面の水芭蕉が観れるのですが、少し遅めでした。
妙高山の外輪山の三田原山
絶景スポットです。
Img_9244

夏とは違った、
残雪の山々を眺め、春の山野草が咲く遊歩道をゆっくり歩いて来ました。

2020年6月 3日 (水)

苗名滝へ

日本の滝百選に選べれている、妙高の苗名滝へ
新潟と長野の県境を流れる関川に掛かる滝
轟音が周囲の森に響き渡り、地震のようだったことから
「地震滝」とも言われているようです。

雪解けの、この時期は特に水しぶきを上げ、落ちる様は迫力満点でした。
滝までは、駐車場より遊歩道歩いて15分位です。

Img_9246
まず、砂防ダムによって作られた迫力ある、滝が眼に入ってきます。
水しぶきが飛んで来ます。
堰提は118mもあります。
Img_9247
一つ目、吊り橋を渡って左手,左岸遊歩道から、管理棟、駐車場方面
Img_9248 Img_9249
遊歩道を歩いてこの奥、苗名滝へ行きます。
一つ目の吊り橋を渡ると、長野県になるようです。
Img_9250
滝が見えて来ました。
落差55m
二つ目の吊り橋を渡り、遊歩道歩いて滝つぼ近くまで行ってみます。
新緑と迫力ある滝と吊り橋が、美しい景観です。
滝中央の割れ目がよく発達している玄武岸壁が特徴
岸壁は、柱状節理と呼ばれる角柱
Img_9252
水量と轟音で圧倒されます。
轟音をお届け出来ないのが残念です。
Img_9253
近くで見ると、大迫力です。
Img_9256
水しぶきが凄いです!!
Img_9257
苗名滝、初めてでしたが、想像以上に素晴らしかったです~!
雪解け時がお勧めです。

2020年5月25日 (月)

春の里山巡り③

魚沼にある御岳山306mへ
低山ですが、樹林帯を登れば、稜線漫歩が出来る
とても長めの良い山とのことで、行ってみました。

月岡遊歩道より登ります。
堀之内、月岡公園奥に登山口があります。

0401

珍しい、紫のイカリソウ
(ボケてますね)

0402
中央奥
下権現山と上権現山

0412
登山道は、イワカガミが見頃でした。
花が鈴なりです。
0408
堀之内城跡
0407
下権現~上権現~唐松山
煙突の煙が真っすぐ上がってます(;^_^無風です。
0415
分岐
出会
下山はここから周回します。
0405
出会からは、多少のアップダウンはありますが、稜線歩きです。
0416
残雪のハ・ナ・コが迫って来ます。
0417
御岳山頂上306m
出会と同じような赤い鐘
0406 0411
歩いてきた稜線
0414
大平、ここにも赤い鐘
頂上からも稜線歩きを楽しみます。
越後三山
ハ・ナ・コ
左から、越後駒ケ岳(コ)、中ノ岳(ナ)・八海山(ハ)・・
越後の名峰が観れる絶景スポットです。
中ノ岳が一番残雪がありますね。
0410
大平よりもう少し、稜線を歩いて鉄塔まで行きます。
0418
鉄塔到着
出会いまで戻り、登山口へ
0419
とても気持ちの良い、新緑のブナ林の道です。
0420
この道を通ると短時間で登山口です。
0423
右下、月岡公園入口から登り堀之内城址経由~FM鉄塔へ行き
現在地まで歩いて来ました。
ここから車道を歩いて月岡公園遊歩道入口に戻りました。
0424
100名山と同じ名前の御嶽山、ハナコの展望の山
低山、里山ですが、良い山でした~!!

2020年5月22日 (金)

春の里山巡り②

海岸線に沿ってある、里山

県北の村上にある【能化山】のっけさん380m
面白い山の名前です。

隠れ花の名山と聞いて行ってみました。
柳沢コース~焼山コース周回です。
柳沢コース登山口
0376
カタクリとショウジョウバカマ
0374
イワウチワ
0373
頂上から
日本海に浮かぶ粟島
0375
頂上鐘  カ~ン!!
0377
下山
焼山コースの能化山、看板
0371
こちらも一面のカタクリ
0372
エンゴサク
0381
焼山登山口到着!!
0378

**********************************************************************

同じく村上の【虚空蔵山】こくぞうさん466m

虚空蔵山グリーンパーク
登山口

0350
整備された階段
0351
ツツジが登山道を華やかにしてくれます。
0352 
あまり登山者が来ないだろう山にしては、整備がされています。

0361
密度は少ないですが、カタクリが咲いています。
0355 0354
頂上、奥の院が見えます。
もうすぐです。

0363
頂上、奥の院
0357
頂上より一段下がった所に、東屋
0356
頂上より
田園風景
奥、右が、鷲ケ巣山~残雪真っ白な朝日連峰~だろうか。
ピストンで戻ります

0362  
下山時に沼を散策
秋のような紅葉の景色が人口沼に映ってます。
白くプカプカ浮いているのは??
初めて観ます👀
サンショウウオの卵のようです。
 0360 0358 0359
遠征できない分、里山散策を楽しんでます~!!

«春の里山巡り①